主婦のワークスタイル

共働き夫婦でも女性の方が負担が多い!ワンオペ育児を乗り切るコツ

こんにちは、reeです!

 

最近は共働き夫婦の割合がとても高く、年々増加しています。

 

ところで夫婦ともにフルタイムで働いている場合、万が一両方とも残業がしなければならなくなった場合、子供の迎えなどはどのようにすればよいのでしょうか。

 

実は共働き家庭でしかも夫婦ともにフルタイムで働いている場合、家事や育児の分担、また残業の問題は大きな課題となっています。

 

特に母でもあり妻でもあるあなたは、残業が終わってクタクタになって帰宅した後も、家事や子供の世話をしなければなりません。

 

いくら役割分担をしているとしても、やはり女性であるあなたの負担は大きく正直疲れ果ててしまっているという方も多いのではないでしょうか。

 

今回は、そんなあなたのために共働き主婦の時間の使い方や、家庭円満で毎日を過ごすためのコツ、さらに今の辛い状況から解放される新しい働き方についてお話していきたいと思います。

 

 

同じフルタイム勤務でも子育ては妻がやる家庭が多い?

 

共働き夫婦で二人とも遅くまで働いている場合は、当然先に帰宅した方が家事や育児をしなければなりません。

 

しかし実際には夫婦二人ともに同じ立場であっても、やはり母親である女性の方が先に帰宅して子供の面倒を見なければならないという状況になりがちです。

 

つまり出張や残業が多い夫がいる場合、共働き家庭であっても家事や育児の負担はほぼ妻に降りかかってしまうというのが現状のようです。

 

いわゆるワンオペ育児。

つまり仕事や家事、子育てを一人で全て行わなければならない今の状況は、働く女性にとっては大きな悩みとなっているようです。

 

夫が残業を終えて帰ってくる頃には子供は寝てしまうので、母親であるあなたはそれまでに子供に夕食を食べさせたりお風呂にいれたりしなければならず、その負担は相当なものであると想像できます。

 

また夫は出張で泊まりで帰ってこない、単身赴任中となると、全ての家事や育児を母親一人でしなければならず、自分も仕事をしているととても大変な状況となります。

 

単身赴任の場合は、家に愚痴や悩みを打ち明ける相手がいないということでもあり、日々の疲れやイライラを解消することも難しくなっていきます。

 

共働き夫婦はお互いに帰宅できる時間を確認しあって、早く帰れる方が子供の迎えに行ったり家事をするなど、その時の状況に応じて柔軟対応することが大切となってきますよね。

 

 

子育て中の共働き主婦のタイムマネジメント

いつも夫の帰りが遅くなる場合は、共働き夫婦の妻が残業を済ませてから子供を迎えに行き、家事や子供の世話や寝かしつけまで行わなければなりません。

 

「仕事から帰ってきてから夕飯の支度をするまでの時間が一番大変だ」という声もあり、その上残業で帰宅が遅くなる母親はさらに大変な思いをすることでしょう。

 

ですから夕食の準備を朝のうちに済ませてしまったり、休日におかずをたくさん作っておき、一週間うまくそれを活用していくという工夫をしている主婦も多いようです。

 

また子供と一緒に早めに就寝し、朝4時や5時に早起きして家事をこなし、自分の時間も確保しているという方もいらっしゃるようです。

 

母親であるあなたも一人の人間ですから、たまにはゆ~っくりと一人の時間を過ごしたいですよね><

 

ワーキングマザーの一日は、本当にあっという間に過ぎていきますね。

 

子供を保育園に送り出し、仕事後は子供を迎えに行き、そして買い物、夕食の支度、子供のお風呂、そして歯磨き、寝かしつけまで全てこなさなくてはなりません。

 

子供が小さいと尚更、本当にバッタバタと過ぎていきますよね…

 

共働き夫婦が子育てしながら家庭円満でいるコツ

 

共働き夫婦は金銭的に余裕ができるという反面、毎日時間に追われながら生活しなければならないという面もあります。

 

夫婦二人とも毎日仕事に追われ家事や育児で余裕がないとついイライラしてしまい、ささいなことで言い争いをしてしまったり、「自分はこんなに頑張っているのに」というマイナスな気持ちになってしまうこともあるでしょう。

 

特に子供が小さいうちはあまり夫婦ケンカをする姿をみせたくないですし、家族で過ごす時は穏やかな気持ちでいたいですよね。

 

そんな共働き家庭が、お互いに仕事を抱えながら夫婦円満でいるためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

そもそも共働きなのは、家族一緒に幸せに過ごすためにその方法を選んでいるのですから、忙しい生活の中でどうやって楽しく時間を過ごすことができるかを考えることが大切です。

 

例えば、テレビはみんなでリビングで見る、月に一度は家族でどこかに出かけるなど、少しでも家族が一緒にいられる時間を持てるように工夫しましょう。

 

普段は忙しくてなかなか一緒にいられる時間が持てなくても、子供への愛情は伝わるものですよ。

 

共働き主婦の残業問題を乗り越える子育てと働き方

 

共働きでお互い残業を抱えている場合は、夫婦で協力し合ううことが何より重要です。

 

そこでここでは夫婦が残業などで忙しい場合にどのようにすればよいのか、また夫婦円満な共働き夫婦が実際には工夫していることなどについて述べていきたいと思います。

 

相手に対して感謝の気持ちを持つ

共働き夫婦が残業した場合、男性の方が早く帰ってきて家事や育児をしてくれることもあります。

 

それはとても助かるのですが、実は後から帰ってきた妻が夫が行った家事に対して不満を持つことも多いようです。

 

共働きで家事分担をしていると、その状況に慣れてきて「先に帰ってきた方が家事をするのは当たり前」という気持ちになってしまいます。

 

また仕事で疲れていると、気持ちに余裕がなくなり相手がしたことに対してイライラしがちにもなります。

 

どんな時でも夫婦がいつもお互いへのいたわりの気持ちや感謝の気持ちを忘れないことがとても大切です。

 

共働きをうまく続けていくためには、ありがとうという感謝の気持ちを常に持つようにしましょう。

 

 

周りの協力を得ることも大切

 

例えば子供が急に熱を出すなど体調が悪くなった場合、夫もあなたも残業があったら大変ですよね。

 

そんな場合は、近くに自分や夫の実家があれば子供のお迎えや世話を頼むのもよいでしょう。

 

病児保育所があればそちらにお願いするもよし。

 

可愛い孫のために手を貸してくれ、進んで面倒を見てくれるおじいちゃんおばあちゃんもきっと多いはずです。

 

夫婦で対応できなくて困った時には、周囲に助けを求めるとよいですよ。

 

有料のサポートも活用する

 

子供が急に熱を出したけど、どうしても二人とも仕事を休んだり早退したりできない、また実家が近くにないという場合は、地域のサポートサービスや病時保育を利用することをおすすめします。

 

このサービスは有料ですが、かわりに子供を迎えに行ってもらったり、面倒を見てもらったりすることも可能となっています。

 

また、保育園であれは保育の延長を申し出るという方法もあります。

 

もし夫婦ともに仕事で残業になってしまった場合はこのような方法で切り抜けることができます。

 

しかしあまりにもこういう状況が続く場合は、サポートサービスにかかる費用のことなどを考えると残業のない仕事に転職した方がよい場合もあるでしょう。

 

いくら妻であり母であると言っても体力や気力には限界があります。

 

あなたが倒れてしまっては大変なので、なるべく負担を減らせるように考えていきましょう。

 

それでも共働きでやっていくのが難しいというあなたが考えるべきこと

 

共働き夫婦で協力をしながら家事や育児を行い、実家に頼ったり地域のサポートも利用しているけれど使っているけどもう限界かもしれないと思っているあなたには、働き方を変えてみることをおすすめします。

 

働き方を変える際に、今から転職するのは大変という方には、会社側に直接相談してみることをおすすめします。

 

上司などに掛け合い、残業のない部署に回してもらったり、フルタイムではなくパートタイムの仕事に切り替えられないか一度相談してみるといいでしょう。

 

ただ今の会社でパートタイムに切り替えるのは難しい場合や、今までのキャリアを失いたくない、またやはり正社員として働き続けたいという方は転職を考えてみましょう。

 

今の職場では子育てと仕事の両立をするのは難しいと感じ、転職をしたという方もたくさんいるので、自分のキャリアに見合った職場を探すのもよいかもしれませんね。

 

仕事は辞めて在宅でスキルを磨く

 

今までのキャリアがあるなら、今の仕事を辞めて自宅開業や独立などを目指すのもひとつの選択肢としてあるでしょう。

 

休んでいる間に開業するために必要な資格の勉強をしたり、また在宅ワークなどを始めるのもよいかもしれません。

 

もちろん収入は減ってしまいますが、将来に向けて長期的な計画を立てれば逆に得をする可能性もあります。

 

あなたの気持ちや家族の意見などにも配慮し、さまざまなことをトータルで考えて決めるようにしましょう。

 

子育てしながら稼げる在宅ワークという働き方

共働き主婦にとって、仕事も大切ですが家族と過ごす時間もとても大事です。

 

十分に収入を得ることができやりがいを感じられる、また子供と一緒にいられる時間が増やせるなどという条件が全て満たされるのが理想であると言えます。

 

しかし「仕事も家庭も全て満たせる仕事なんてない」とあきらめている方も多いのではないでしょうか。

 

しかしインターネットビジネスである在宅ワークという仕事を選択すれば、収入ややりがい、また子供と過ごす時間の確保など全ての希望を満たすことができます。

 

今は女性が一生仕事をするのも決して珍しくはありません。

 

ですから仕事も家事も育児も、ぜーんぶ楽しんで毎日を過ごしたいですよね!

 

在宅ワークで収入を得ることができれば、キャリアも子供との時間も自分の思うままに選択していくとが出来ます。

 

また在宅ワークであれば自分の好きな時間に、好きな場所で仕事をすることができますし、たとえ子供が熱を出して体調を崩しても自宅で看病しながら仕事することもできます。

 

これからもあなたの人生は長く続いていきます。

 

現在共働きをしており、限界を感じているというあなたも、働き方を変えることを考えてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

夫婦共働きでお互いに残業があるという場合でも、妻が先に帰り仕事や家事、育児を全てをやっていることがほとんどのようです。

 

しかしこんなことをずっと続けていたら、いつか女性の方がダウンしてしまいますよね。

 

そうならないためにも夫婦で話し合い、お互いに思いやりを持って協力し合うのが夫婦円満で共働きを続けるコツであると言えます。

 

それでももしどうしても辛い場合は、残業を減らせないか会社に相談したり、転職するなど働き方を変えることも考えてみましょう。

 

どの選択が一番自分の理想に近づけるのか。

これを大事にして毎日を楽しく過ごせて行けたらいいですね!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です