主婦のワークスタイル

仕事と育児の両立を辞めたい!その4つの理由と確認すべきこと

reeメルマガ

こんにちは、reeです!

今回のテーマはワーママを辞めようか悩んでいる人へ向けたメッセージです。

きっとあなたが想像する以上に、仕事と子育ての両立に疲れ切ったワーキング

ママは多いです。

 

そして仕事を辞めたいと思っている方も少なくありません。

 

今は専業主婦家庭よりも共働き家庭が多いことから、

仕事をしながら家事も子育てもこなして当たり前!

といった風潮が広まっていますが、負担が多いことは事実。

 

仕事も家事も慌ただしくこなす日々に満足できているというワーママもいれば、

状況を変えたいと本気で思っているワーママもいます。

 

仕事も家事も育児もと負担が大きく体力的にも精神的にも辛い毎日。

 

思い悩むのは当たり前でしょう。

 

実際、とある調査ではおよそ4割のワーキングママが、専業主婦になりたいと回答しています。

 

  • 口に出さずとも専業主婦になれたらいいなと思っている
  • 今の仕事を続けるのは厳しい
  • 毎日毎日、家事と育児と仕事で追われて自分の時間なんて何もない

 

そんな思いを抱えているなら、これを機に働き方を変えるという選択肢にも目を向けてみてください。

 

家庭と仕事の両立で心も体も疲れていると感じるなら、働き方を変えるのも大いにアリ。

 

人生の転換期とも言える決断になりますから、簡単には決められないですよね。

なので今回は働き方を変えるという選択肢に関するポイントをご紹介していきます。

 

 

仕事を辞めたいと考える理由とは?

ひとそれぞれ環境が違うので、全ての人が同じ状況ではありませんが、

妻として、母親として働くワーママは一度は頭をよぎるだろうことを挙げてみました。

仕事を辞めたいと考える理由①子供と過ごす時間を増やしたいから

 

仕事と家庭の両立で不満を抱えやすいポイントが、子供との時間を削られるというものでしょう。

 

おそらく多くのワーママが、もっと子供と過ごす時間を増やしたい・大切にしたいと感じているはずです。

 

もしも正社員という立場なら、仕事上の責任も多いのでギリギリまで子供との時間を削っているというケースも少なくありません。

 

日中に子供を見てくれている保育士さんや、子供を預かってくれる祖父母の方が子供と接する時間が長いことが気になってしまうママもいるでしょう。

 

我が子のことは自分が一番理解してあげたい、という思いもあるでしょう。

 

正社員として抱える仕事も多く、責任感も持っていることは社会人として立派です。

 

でも本音を言えば、もっと子供と一緒に過ごしたいですよね。

 

子供の急な発熱でも、実家や病児保育に預けて仕事に行かなければならず胸を痛めるママ。

 

保育園の行事やイベント、急な発熱で休みを申請したり早退しなければならない。

 

職場にも気を遣いますし、子供よりも仕事に手がかりっきりで寂しい思いをさせているのではないかと悩んだり。

 

子供の気持ちに寄り添ってもっとそばにいてあげたい。

 

でも仕事の都合上、十分にそばにいてあげられない。

 

不完全燃焼、気がかりが残ったままでモヤモヤを抱えているママは多いものです。

 

 

仕事を辞めたいと考える理由②家事と育児の両立で心も体も疲れきっている

 

仕事も家事も育児もこなしていれば1日24時間じゃ足りないと感じませんか?

 

日々慌ただしく動き回って心も体も疲れれば、仕事を辞めたいと思うのも当然でしょう。

 

フルタイム勤務ならなおのこと、疲れもストレスも溜まりますし、日々のストレスや疲労の蓄積が原因で心を病んでしまう可能性もあります。

 

会社でも家でもやることいっぱいで心を休憩させる時間がない、自分のことをする時間がないというのは、ワーママが追い詰められる原因です。

 

あなたのために、家族のために、無理をし過ぎていないか自分の現状を客観的にみる、一度立ち止まって考え直してみることも大切です。

 

 

仕事を辞めたいと考える理由③会社で肩身が狭い思いをしている

 

まだまだ日本は子育て家庭への理解が十分でない会社も少なくありません。

 

ワーキングママは、日々仕事をしながら家事育児をしていますが、子供が急な体調不良で保育園や学校からお迎え要請が入ることもあるため、早退しなければならないこともあります。

 

平日の授業参観のために休みを取る必要があったり、行事のために有給を申請しなければならな場面もあります。

 

そうなるとワーママがこなすべき仕事は職場の誰かが引き継ぐことになりますが、気を遣いますし申し訳なさも感じますし、迷惑をかけているのでは?と不安にもなりますよね。

 

そんな思いが募ると、会社に行くのが憂鬱になってしまいますし、会社でも肩身が狭い思いをするケースもあるため、仕事を続けるのが難しいと感じてしまうこともあるでしょう。

 

もしも会社で肩身が狭い思いをしているなら、思い切って働き方を変えるのも一つの方法ですよ。

 

今の仕事を辞めても次の仕事はありますし、死んでしまわけでもないので、ポジティブに考えましょう。

 

仕事を辞めたいと考える理由④夫婦関係の悪化

 

仕事も家事も育児もこなしていると、時間的にも精神的にも余裕がなくなってしまいがち。

 

疲れて余裕もなくてイライラして、つい子供や夫に八つ当たりをしてしまったり、必要以上に怒ってしまったりすることもあるでしょう。

 

しかしその結果、夫婦関係が悪化してしまっては、家族のためにもならず、自分のためにもなりません。

 

家計のことを思って仕事を続けていたはずなのに、夫婦喧嘩が増えた結果、家の中がギスギスしてしまっては意味がありません。

 

自分が子供の立場なら、両親がいつも喧嘩をしてギスギスしているのは見たくないですし、母親には笑っていてほしいと思いますよね。

 

仕事を辞めることで、自分のためではなく家族にとっても良い影響となることもあります。

 

 

仕事を辞める前に考慮すべきポイント

 

仕事を辞める前に考えたいこと①「収入が減っても家計は大丈夫か?」

 

仕事を辞めるということは、次の仕事を始めるまでの収入がなくなるということです。

 

もしも今仕事を辞めた時、夫の収入だけで家計は大丈夫なのか考慮する必要があります。

 

現段階で夫の収入で乗り切れるかどうか、家族の生活は大丈夫か。

 

今後、夫の給料が上がる可能性があるかどうかなど、夫婦で十分に話し合うことも大切です。

 

 

仕事を辞める前に考えたいこと②「今後、子作りの予定があるかどうか」

 

今後、授かれたなら子供を産みたいと思っている場合には、仕事を辞めるタイミングも重要になってきます。

 

会社に所属している場合、出産時には育児給付金や出産手当などありがたく頂けるお金もあります。

 

仕事を辞める前に子供を産むことで、金銭的に便利なこともありますし、産休を終えて仕事復帰するという選択肢もあるのです。

 

仕事を辞める前に、今後の家族計画についても再確認が必要でしょう。

 

 

仕事を辞める前に考えたいこと③「今後の人生設計」

 

もしも子育てがひと段落したら、あなたはどう暮らしていきたいですか?

 

例えば子供が中学生になれば、休日には部活だったり友達と遊びに行ったりと、親と過ごす時間がめっきり減るでしょう。

 

そうして子供たちと過ごす時間が減った時、あなたはどう過ごすことをイメージしますか?

 

  • 今後どんな人生設計を立てるのか
  • 仕事を辞めた後の働き方はどうするのか?
  • これからの仕事と育児の割合は?
  • 一家が生活するにはどれくらいの収入が必要か

 

など、仕事を辞めると仮定した時のイメージをして、よく検討しなければなりません。

 

子供が小さいうちは、パートで週に2,3日。

子供たちが大きくなったら週5勤務や土日も出勤しやすくなるかも。

それによって収入も大きく変わってくるので、今からしっかりと老後のことも考えておくのがいいでしょう。

 

ビジネススタイル or ライフスタイル、どちらをかえる?

 

これ以上仕事と育児の両立が難しいと感じたなら、上記で紹介したポイントをよく考慮し、ビジネススタイルを変えるべきか、ライフスタイルを変えるべきかも考えてみてください。

 

 

正社員からパートへ

 

正社員としてビッチリ出ていたのを、時給制のパートなどに働き方を変えるのも検討してみるべきです。

 

  • 可能なら社内での職種変更を相談してみる
  • 正社員からパートへ切り替えることを相談してみる

 

今までの働き方を変えてみるというのも、仕事を続けたいという人にとっては選択肢となるでしょう。

 

 

仕事を辞めた後、時期を見て別の仕事へ

 

今の仕事よりも子育てと両立しやすい仕事があれば…と、再就職を考えているワーキングマザーもいるはずです。

 

ある程度の年齢になってからの再就職というのは、条件が厳しい・合わないことも少なくありません。

 

正社員としての再就職ならなおさら難しいでしょう。

 

ただ仕事を辞めた後、再就職するときのために資格取得に向けて勉強するポジティブな方もいます。

 

これまでの経験に資格という付加価値を付けることで、時期を見た再就職を有利にしようと計画しているのです。

 

これからどのように働きながら子育てをしていくか、トータルで考えて理想的な選択になるよう工夫しましょう。

 

在宅ワークという新しい働き方

 

今の仕事を辞めることをきっかけとして、在宅ワークの道を選ぶのもオススメです。

 

出勤せず自宅で仕事ができて、時間に余裕もできますし家事に取り掛かりやすくなります。

 

自分で仕事を確保して収入を生み出さなければなりませんが、これまでの慌ただしさやストレスが軽減される働き方だと言えるでしょう。

 

これまでの仕事と家事、育児の慌ただしさで心身共に疲弊しているならば、在宅ワークという新たな働き方も検討する価値はありますよ。

 

 

まとめ

 

これまで仕事と育児を頑張って両立させてきたママ、すごいですよ。

私は「もう無理…」と一度は退職を選んだ身ですので、悩みながらも続けているあなた、尊敬します。

 

とても頑張ってきたでしょうし、辛いこともいっぱいあったはずです。

 

仕事を辞めたいと何度思ったことでしょうね。

 

でもあなたの人生をもっと大切にしてもいいのではないでしょうか。

 

これからどんな人生にしたいのか、本当にこのままでいいのか。

 

転職や再就職が難しいなら、パートに切り替える方法もありますし、在宅ワークを始めて働き方を変えるのも一つの方法です。

 

辞めたとしても別の方法があると思えるようになれば、今までの悩みや苦しみが軽くなることもあります。

 

一度きりの人生で、二度と戻らない子育ての日々をどのように過ごしたいのか。

 

仕事とどう向き合っていきたいのか、自分のためにも考えてみてくださいね^^

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

◆子育てと無理なく両立できる仕事はない?
◆家族が幸せになるためにもっと家計に余裕が欲しいし、欲を言えば自分にもお金をかけたい。
◆何よりお金がないせいで我慢する日々から抜け出したい…
◆あと数万円でも増えたら楽になるのに……


そんなモヤモヤを明日も抱えて過ごしていきますか?

外へ働きに出るばかりが仕事じゃない♪
おうちにいながら理想の未来を全部叶えちゃおう!

行動しなければ今のままの毎日が続くだけ。
勇気を出して一歩踏み出した人から思い描く未来を手に入れられる!

未来は自分で変えちゃおう!

reeメルマガ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です