主婦の悩み

生活費が足りない!主婦が考える&対処すべき方法とは?

こんにちは、reeです!

 

あなたは月末になると

「あー、今月も生活費足りないな・・どうしよう・・」

「あれ、こんなに減っているのはなぜ???」

となること、ありませんか?

 

あるいは「ついついカードを使いすぎてしまった!こんな額になっているなんて、どうしよう!」

なんて焦って落ち込んでしまったり。

 

一ヶ月に使える生活費は決まっているのに、いつも給料日前になると

「もうこれだけしか残ってない!」

「どうしていつも赤字になってしまうのだろう?」

となって途方にくれてしまうこと、あなたも経験上多かれ少なかれあるかと思います。

 

それらはきっちりと家計簿をつけなくてもいいので、1,2か月ほど見える化して書き出してみるだけでも、目を背けたくなるような現実を突きつけられますよ・・

 

生活費が足りないと感じているならばそれはズバリ収入と支出のバランスが悪いということ。

 

収支のバランスを取るには様々なものがありますが、必ずあなたに合った正しい方法で対策を行わないといけません。

 

もし間違った対処法をしてしまうと今の状況が逆に悪化してしまったり、結局なにも状況は改善しなかった!なんて事になってしまう場合もあるのです。

 

ここでは

・生活費が足りない時、まず最初に考えるべき事はなんなのか?

・どうやってお金を作ればいいのか。

・旦那に生活費が足りないって言えない時はどうする?

などあなたのこれからのお金の対策に役立つ情報を書いていきたいと思います。

 

 

生活費が足りない時にまず最初に考えるべきこと

 

生活費が足りない!どうしよう・・となってしまった時に最初に考えるべき対処法は単純にこの2つなのです。

 

・今ある収入を上げる

・支出を下げる

 

「そりゃそうだ!」と思われるかもしれませんが、この単純な事ができていないがためにお金が足りない事態になってしまっているのです。

 

ここで間違えてはいけないのが、対処法です。

 

対処法には、

「いつもは問題なく生活出来ているんだけど、今月は結婚式があったので足りなくなってしまった」

「急に電化製品が壊れてしまって買わなければならなくなってしまった」

などのその場さえしのいでしまえば大丈夫なものと

「また今月も月末に生活費がギリギリ!」

「いつも生活費が赤字になってしまうので、結婚前からためていた貯金から補填しなければならない・・」

などのその場だけ解決しても何も解決にならないため問題を根本から解決しなければならないものがあります。

 

あなたはどちらになりますか?

 

その場さえしのいでしまえば大丈夫な場合は

・カード払いを分割かリボ払いに変更する

・リサイクルショップなどで不用品を売る

・親族などからお金を借りる

・金融機関からお金を借りる

などの方法でとりあえずその場はしのぐ事はできます。

 

カードの支払い方法の変更は電話ですぐにできますし、今はネットで手続きできる所もありますね。

 

リサイクルショップなどは不用品を売ればその場で現金も手に入りますし、断捨離にもなっていいです!

 

最終手段として親族に借りなければならない時は、相手に迷惑がかからない程度の金額にし、お金が入ったらすぐに返すように心掛けましょう。

 

金融機関も今は決まった期間なら無利子で借りられる所もありますので、短期間で返せる目処があるのならば利用してみてもいいかもしれません。

 

生活費が足りない事を根本から解決しなくてはならない人は、このようなその場しのぎの対処法をしてもまた次も同じような状況になってしまい何の解決にもなりませんので、次で紹介する根本から解決する対処法を試してみましょう。

 

生活費を作るための4つの方法

 

生活費が足りないとなるとお金を作るための様々な方法を考えなければならなくなってきます。

 

まずは今その場から出来る事から始める事の出来る方法から、長期的に支出を減らす方法までを見ていきましょう。

 

1.身近な生活費を抑える

まずは無理のない程度に食費や交際費、光熱費などの支出を抑える事を意識しましょう。

 

食費は、外食の回数や支出を見直しましょう。

 

家族や友達との外食、一人でのカフェ利用、多くありませんか?

 

家族やお友達との外食やカフェでお茶する事は気分転換にもいいですが、回数が多くなると支出も多くなってしまい家計を圧迫し本末転倒な事になってしまいます。

 

外食は毎月使っても大丈夫な金額を決めておき、その金額の範囲内で収まるように調整しましょう。

 

2.公的なサポートを受ける

本当に日常生活を送る事に困っている人に対しては「生活福祉資金貸付制度」という公的サポートがあります。

 

失職してしまった低所得の人に対して一時的にお金の貸付をしてくれるサポートです。

 

政府が公式に行っているものなので、金利も普通の貸金業者とくらべてみても低金利になっており0~0.1%で行っていますので気になる人は政府の公式ページを検索してみて下さいね。

 

生活困難な状態が長期になりそうなのであれば生活保護の申請という方法もありますが、手続きも大変な上に一度生活保護になってしまうと抜け出すのが困難なのでどうしても生活が出来なくなってしまった時の最終手段として考えましょう。

 

窓口で相談にも乗ってくれるので、申請する前に一度相談して詳しい事を聞いてみるのもおすすめです。

 

3.固定費を見直す

現在住んでいる家の家賃や加入している保険料や通信費など、毎月かならず払わなければならない固定費は本当に今の生活や収入に見合った金額なのかどうかをもう一度よく見直してみましょう。

 

通信費に余計なプランやオプションはついていませんか?

 

余分に払ってしまっている物はありませんか?

 

特に保険は一度入るとそのまま放置してなんとなくで毎月お金を払ってしまっていますが、今考えると保険会社の方に進められるがままに付けてしまったオプションやよくわかっていない内容のものがあるかもしれません。

 

保険会社には毎年新しいプランが誕生しますし、あなたの生活や収入によってもあなたに合う保険のプランが変わってきます。

 

保険会社の人に自分の現在の収入や収支、ライフプランを話しこれからの計画を立て保険を見直す事は、自分の生活を見直す機会にもなるとおもうので、保険に加入した時以来一度も見直してない人には一度見直しをおすすめします。

 

もちろん、今自分がどんな保険に加入しているかを把握出来ていない人は保険契約の資料などを見て改めて確認してみましょう。

 

4.副業で収入を増やす

無駄遣いしていないのに、毎月生活費が足りない!固定費だけでカツカツ!

など削る事がそもそも困難な方は、現実問題として本当に生活していく為の収入額が不足している場合があります。

 

これに至ってはもう「収入を増やすことが1番の解決策」です。

 

とは言っても子育て中だと時間がとれないし、外に働きに行くには大変だし、なかなか自分の働きたい時間に合った仕事が見つからないなんて事も多いですよね。

 

そんな方には自宅で出来る在宅ワークがおすすめ!

 

一昔前の在宅ワークは内職などの手作業が主な仕事だったので「内職=稼げない」というイメージが一般的にありますが、ネット社会になってきた現在はそんなイメージはなくなってきています。

 

在宅ワークとしておすすめしたいのが、自宅にいながらスマホやパソコンで出来るクラウドソーシングです。

 

簡単なアンケートからデータ入力やライティング業務、翻訳、デザイン、IT関連まで様々な職種が多くあり、特別なスキルがなくても出来る仕事もたくさん用意されています。

\すき間時間でコツコツ貯めるならマクロミルがおすすめ!/


慣れるまでは少し時間がかかりますが、それはどの仕事においても同じことですよね。

 

しかも、在宅ワークなら出勤時間も煩わしい人間関係もありませんし、子育てをしながらでも空き時間で作業できますので、自分のペースで作業できます。

 

特にコツコツと文章を書いたりすることが好きな方にはとても効率のいい仕事だと思います。

お仕事の種類は246種類!在宅ワークならクラウドワークス

 

パート代と同じ位稼いでいる主婦の方も多いですから、気になる方は一度検索してみて自分に合ったクラウドソージングの会社を選んでくださいね。

 

具体的に行動すべき4つの方法

 

では、改めてこれからすぐに出来る収入を上げる方法やすぐに支出を下げる方法、そして今から先の生活を見据えて、これから長期に渡り収入を上げる方法や支出を下げる方法を見ていきましょう。

 

すぐに出来る収入を上げる方法

今すぐにお金が必要なのであれば、

・リサイクルショップなどで不用品を売る

・ネットオークションを利用する

・お金を借りる

・公的なサポートを利用してお金を借りる

などの方法があります。

 

その時だけお金が足りてない状況なのであれば必要に応じてこのようにすぐに現金を入手出来る対策をとりましょう。

 

人とのお金の貸し借りはあまりおすすめはしませんが、どうしても借りなければならない時は相手に無理強いしたりはせず迷惑がかからない額にし、お金が作れたら早急に返金する事を心掛けましょう。

 

 

すぐに出来る支出を下げる方法

今すぐに支払いの額を減らしたい場合は、

・クレジットカードの支払いを分割、またはリボ払いに変更する

・食費や交際費、外食費を削る

・どうしても必要な物以外は買い物を控える

などの方法を試しましょう。

 

ただし、支払いを変更して分割やりぼ払いにする場合は、その後何ヵ月かに渡りいつもの生活費に分割された金額が上乗せされる事になりますので、来月からの生活費が増えてしまう事をふまえた上でどうするのかどうかを計画的に考えて下さいね。

 

根本から長期にわたって収入を上げる方法

これから先も今の収入にプラスして収入を増やしたいのであれば、まずは旦那さんの手取りを増やしましょう。

 

というのも旦那さんに転職したり、今の仕事で収入をあげてと頼むというわけではなく、あなたの旦那さんが会社の社食(有料)や外食で昼食を食べているのであれば、継続してお弁当をつくってみるなどして手取りの金額を上げましょうということです。

 

暑い日は自動販売機で何回もコーヒーやお茶を買ってしまったりもするので水筒に入れて持たせてあげてもいいでしょう。

 

そして、さらに主婦も副業で確実な収入を増やしましょう。

 

時間に余裕があるのならばアルバイトやパートに出掛けてもいいですし、自宅で働きたい人や子育てで余裕がない人なら在宅ワークを始めてみましょう。

 

ほんの数万円でも入ってくる収入が増えることで生活や心の余裕に繋がります。

\まずはのぞいてみよう!/



 

根本から長期にわたって支出を下げる方法

 

長期的に支出を下げるためには固定費を見直す事が1番効果があります。

 

毎月決まって出ていく家賃、通信費、光熱費、保険費、などの固定費は一度下げてしまえばそこから継続して下がったままなので長期的な対策としてはとても大きな対策となります。

 

家賃は手取りの3割が妥当とされていますが、大きく上回っていませんか?

 

スマホなどの通信費は大手のキャリアから格安スマホに変更することで1年でかなりの額が節約できますし、旦那さんと二人で変更すればさらにお得になります。

 

スマホなどの通信費も保険費と同じで一度契約したらそのままの人が多いですが、各社から年々競争するようにお得なプランが出ていますし、格安スマホに変更する人も最近ではとても多くなってきているので一度色々な携帯会社のプランを見て検討してみましょう。

 

生活費が足りない現状を夫に言えない人が多い!?

 

専業主婦は、旦那さんが働いたお金をすべて管理している人と、毎月決まった生活費を旦那さんから渡されてその中でやりくりしている人もいるのではないでしょうか?

 

そのような場合は、「なかなか生活費が足りない!」「生活費をもう少しあげてほしい!」とはなかなか言い出しにくいですよね。

 

言い出しにくい場合は、一度紙に固定費に毎月これだけかかっていて、食費には頑張ってもこれだけかかるというなど、生活にかかるお金を書き出してみてそれを旦那さんに見せて相談するっといった体で話しかけるといいです^^;

ree
ree
口で言うだけではなかなか現状は伝わらない

 

ですから「生活費が足りないからあげてほしい!」では旦那さんも納得してくれないかもしれないので分かりやすく数字にして説明してみましょう。

 

男性は目の前に数字を出して、論理的に話をするのは一番響きます。

 

 

生活費が足りない状況を根本から変えるために目指すべき方法とは?

 

長期的に収入を増やし、生活費の足りない状況を変えるためには、まずは1番に毎月の支出の把握、そして固定費の見直しです。

 

これはすべての改善において1番最初にしなければならない事なので、一度紙に書き出してみましょう。

 

出来そうであれば、簡単で大丈夫なので家計簿をつけてみる事が現状の把握もでき、固定費の見直しする時にも分かりやすいので1番おすすめです。

 

ree
ree
旦那さんに生活費の事を話す時にも具体的に数字で記してある物があると分かりやすく説得力がありますしね!

 

そして、見直しつつも同時に副業を始めるのもおすすめです!

 

副業をすれば全体的な収入が増えますから対策法とともに実践してみたら貯金にまで回せるようになるかもしれません。

また、気軽に始めてみたことで、自分の強みや得意が見つかるかもしれません。

 

それを副業のままにせず、本業になっていって生活が安定、なんならリッチになって生活が豊かになった主婦もたくさんいますよ^^

 

そして、何よりも余計なものは買わない事も心掛けましょう。

 

これは安いから!などと細々と買っているものも合計すれば結構な金額になります。

 

衝動買いしてしまいそうな時も一度手を止めて「今月はあといくら使えるお金があるのか」「これは本当に必要なのか」を考える癖をつけましょう。

 

最初は慣れないかもしれませんが、一度手を止めて考える事が癖になっていけば自然と無駄な買い物がなくなり、無駄な出費を防ぐことが出来るようになり支出は減っていきます。

 

何事も明確化することが大切ですね!

 

まとめ 

一言で「生活費が足りない」と言っても様々な背景があることを理解していただけたでしょうか?

 

何より視覚化することはとても大切ですので一度紙に書き出して、自分も夫も出来るだけ話し合いの場を設けることが大切です!

 

ここで書いた事は生活費のバランスを良くして生活を向上させる為の一例ですが、あなたが1つでも実践してみようと思い実践して少しでもこれからの生活のお役に立てれば嬉しいです^^

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました^^

 

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です