アドセンス実践記

アドセンスに出る楽天アフィリ広告をブロックする方法

アドセンスの楽天広告をブロックしよう

アドセンスの広告の中に、楽天の広告が出てきたことってありませんか?

アドセンス広告はブログに訪問してくださったユーザー(読者さん)の日頃よく見るものや検索しているもの、ブログに関連するジャンルや商品が表示される特徴があります。

そんな中、楽天広告もアドセンス広告として出てくることがあるわけなんですが、実は楽天アフィリエイトを多く利用しているブログではアドセンスで楽天広告が表示されるのはやめた方がいいんです。

つまり「アドセンスで楽天広告をブロックする設定」をすることをお勧めします!

その理由と、アドセンスに楽天広告が出ないようにする設定方法を解説していきますね。

アドセンスで楽天広告をブロックするのが良い理由

なぜ、アドセンスで楽天広告をブロックするのが良いのか。

その理由はずはりこの二つ。

■アドセンスで楽天広告をブロックする理由■

  1. クリック報酬が低い
  2. クッキー機能が発生しない

上記2つの理由から、アドセンスで楽天広告をブロックすることをお勧めします。

それでは詳しく解説していきましょう。

クリック報酬が低い

アドセンス広告はクリック型報酬と呼ばれている広告になります。

クリックされた後に何かしらの商品が購入されて初めて成果となる成果型報酬と比べて、クリック単価は低い傾向にあります。

ree
ree
実際数円と言う噂も聞きます…

「でも商品購入してもらうよりもクリックされるだけならハードル低いしいいじゃん」

という声が聞こえてきそうですね。

ですが、同じ楽天広告だとしても、アドセンス広告じゃなくて楽天アフィリエイト広告をクリックされて成果型報酬が発生した場合にはどうでしょう。

ユーザーが購入した商品価格にもよりますが、報酬が2~4%となります。

例えば楽天アフィリの広告から1000円の商品が購入された場合、20円~40円が入りますよね。

10000円の商品だったら200~400円。

ree
ree
ちなみに1商品1個の売上につき1,000円の成果報酬が上限になってます

もうこの時点でアドセンス広告の報酬よりも高いわけですよ。

同じ楽天広告でも、アドセンス広告として表示されたものをクリックされたか、純粋な楽天アフィリエイト広告をクリックされたかで、こんなにも得られる報酬額が変わってくるんです。

楽天トラベルだったら、「成果報酬は1商品1個の売上につき楽天キャッシュ1000円を上限」とする楽天市場ショップの成果ルールはトラベルのサービスから発生する成果には適用されません。

楽天トラベルは料率1%や2%ですが、上限がないため例えば20万円の宿泊予約が入ったりしたら2000円の報酬が発生するわけです。

このように、アドセンスで楽天広告をブロックする理由には、同じ楽天の広告でもアドセンス経由だとクリック単価が低いからってことがあげられます。

クッキー機能が発生しない

アドセンスで楽天広告をブロックする理由その2は、「クッキー機能が発生しない」からです。

楽天アフィリエイト広告ではクッキーといって、広告をクリックしたという記録が残ってるために、クリックされてから実際に購入に至るまでに数日空いても、報酬として得られる仕組みがあります。

■クッキーの仕組みを解説■

  1. あなたのサイトを訪れたユーザーが楽天広告をクリック!
  2. 24時間以内に商品を買い物かごに入れる
  3. 最初にクリックしたときから89日以内までに商品を購入する
  4. あなたに成果報酬が発生!!

このように買い物かごに入れるのは広告をポチッとしたときではなくても、24時間以内に買い物カゴに入れればよくて、実際の購入も約3か月近く先でもあなたに報酬が入るんです!

ree
ree
買い物かごに入れても、お買い物マラソンやセールのときにまとめ買いするって人も多いからね!
楽天アフィリエイトのクッキー報酬発生の仕組み楽天アフィリエイト公式サイトより

このようにクッキーという有難い仕組みはアドセンス広告にはありません。

ですので、楽天広告をクリックされるなら、断然アドセンス広告として表示された楽天広告ではなく、純粋な楽天広告からクリックされたいわけです。

何より一番悲しいのは、とあるユーザーがもしあなたにクッキーが働いてたとしても、アドセンスとして表示された楽天広告をクリックされてしまったら、クッキー機能が消えてしまうこと!

だから、アドセンスで楽天広告をブロックしましょうってなわけなんです。

アドセンスで楽天広告をブロックする方法

それではいよいよアドセンスで楽天広告が出てこないようにブロックする設定をしていきましょう。

アドセンスはすでに利用しているってことで話を進めていきますね。

まず最初にアドセンスページの左のバーから「ブロックのコントロール」を選びます。

アドセンスで楽天広告をブロックする方法

次に「すべてのサイト」を選択。

アドセンスで楽天広告をブロックする方法

楽天広告を指定して設定するため「広告主のURL」から「広告主のURLを管理」を押します。

アドセンスで楽天広告をブロックする方法

楽天市場のURLは「https://www.rakuten.co.jp/」と出てくるので、入力して「検索」。

アドセンスで楽天広告をブロックする方法
ree
ree
https://www.rakuten.co.jpと入力しても勝手にwww.rakuten.co.jpになりましたよ

そして下の「ブロックされたURL」の部分で右側を「ブロック済み」にすればOKです!

以上で設定完了!

アドセンスで楽天広告をブロックをブロックするのまとめ

なぜアドセンスで楽天広告をブロックするのがいいのか、そしてブロックする設定方法をお伝えしてきました。

そもそもアドセンスで楽天広告が出てくる確率は高くないかもしれません。

ですが、楽天アフィリエイトをメインとして、楽天広告を多く利用しているブログだった場合、楽天広告のクッキー機能のことを考えれば報酬額の可能性の幅は大きな違いが出てきますよね。

特に楽天のイベント期間中なんかは影響があることでしょう。

ですので、楽天アフィリエイトに力を入れているブログであれば、取りこぼしのないように設定をしておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です